夏痩せしない方法

痩せ型の人は注意の夏痩せ!

食べても太れない!太りたくても太れない!
痩せ型体質の人にとっては、夏は辛い時期ですね。
夏になると襲ってくる、痩せたくないのに痩せてしまう現象の『夏痩せ』
夏痩せは、痩せすぎ・痩せ気味の人に多く見られるそうです。

 

夏痩せしてしまうことによって、体力が落ちたり、身体が疲れやすくなり、夏バテしてしまう。

 

暑い夏には、食欲が落ちてしまい、水分ばかりを摂ってしまうことが多くなりがち。
そして気がつくと、食べないことで、又痩せてしまうという悪循環が起こります。

夏痩せしない方法 

夏痩せが起きてしまう原因とは?

原因1 ストレス

暑さからくるストレスから食欲が落ちてしまいます。
夏場には、暑さによって食生活が乱れがちになったりします。
暑いから、清涼飲料水や冷たいお茶を飲む機会が増えることでしょう。
夏の暑さは人間ににとって、とても大きなストレスを与えています。
ストレスで胃の消化液の分泌が低下してしまうこともあり、そこに水分を多く摂取するため更に消化液が薄まり胃腸の機能が低下することに。
そうした結果、経寝たものの吸収が悪くなり痩せてしまいます。
また、「冷たいものが食べたい!」という衝動にかられ、カロリーが高い冷たくて甘い飲み物やデザートというような間食が増えてしまうことによって、食事の時間にお腹が空かなくなるということもあります。
きちんとした、栄養のある食事を摂らないことが、痩せていく原因に。
また、あつい夏には、調理が簡単で冷たい麺類を食事に選ぶことも多くなり、タンパク質が不足してしまい、体内の筋肉を分解してタンパク質を補おうとするので、その分体重が減少してしまいます。

原因2 暑さによる疲れ

暑差が続くと身体が疲れてしまいがち。
どんどん汗が流れでてしまうことも多い。ちょっと動いただけで大量の汗をかいてしまったり。
汗は、水分とともに、身体に大切な塩分やミネラルも含んでいます。
大量に汗をかくことで、塩分やミネラルが減少してしまう結果に。
そうすると、体内の塩分量が減ってしまうことで、水分量も少なくなり、体温調節のための十分な汗がかけず、体の中に熱がこもってしまいます。
これが、夏に疲れやすい夏バテの原因の一つです。
夏バテになると、益々食欲が落ちてしまい痩せる原因となります。

夏痩せをしない方法

対策1 タンパク質をしっかりと取る!

タンパク質は身体にとって、とても大切な栄養素です。
毎日必要な量をしっかりと摂取することが大切です。
タンパク質が多い食材は、肉や魚、卵、豆製品などがあげられます。
また、太るサプリメントプッチェは、吸収率促進する「高GI値成分」の配合により、栄養吸収をサポートしてくれます。

 

対策2 胃腸に負担をかけない!

どうしても冷たい飲み物ばかり飲みたくなってしまう夏。
でも胃腸に負担をかけないために、なるべく温かいお茶などを飲むのがおすすめです。
そしてお腹がいっぱいになってしまう間食や冷たい飲み物、甘い飲み物は食欲を減退させてしまいますのでほどほどにするとよいでしょう。
また、汗を大量にかいてしまうときには、スポーツドリンクなどで塩分、ミネラルを補給してください。

 

対策3 暑さのストレスを減らす!

夏の暑さは、ストレスによって食欲を減退させてしまいます。
冷房などを使用することで、体の熱を下げてくれるのでストレスを減らすことができます。